読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RBR = PER × ROE の有用性と落とし穴

こんばんは、底辺です。

昨日、やっと株情報を得る自作ツールが出来て、excelで、取得した情報を眺めていて、その時に気づいたことを書いていきます。

間違ってたらごめんなさい。

最近、PBR PER ROEの関係性について知りました。

PBR = PER × ROE

という公式です。

この式から読み取れることがあります。

PBRが高い理由

1.買われすぎて、PERが高騰している。

  →割高と判断できる

2.収益性が高い。ROEが高い水準にある。

  →割安か判断は出来ないが、買いの候補に

PERが高いことは論外として、ROEが高いことは、会社が多くの収益を得ていることになります。

と、普通は考えます。

しかし、だましがあることに気がつきました。

それは、自己資本の低さです。

自己資本が少なく、負債が多い場合には、

全体として資本が大きくなります。そのため、

利益を少しだしただけで、ROEが高くなります。

結論をいうと、ROAもチェックしましょうね

ということです。

1つ、魅力的に見える銘柄を紹介します。

日本アセットマーケティング 8922 です。

PBR = 2.97

PER = 6.2

ROE = 47.9

と、これを見たらものすごい良い銘柄に見えます。これを見て、私も注文を出しました(笑)

しかし、四季報を見てください。

ROAが5%となっています。これは、自己資本と負債の両方を使って、5%の利益しかだせていないのです。

これをみて、買いに入るのかは人それぞれですが、

私は、意外と普通な会社だなって思ってしまいました。

ROEがすさまじいけど、全体でみたら普通。

そういうだましがある、ということに気がついたので、見てくれた人に伝えておこうと思いました。

間違ってたら、申し訳ないです。

余談なんですが、ゴールデンウィークあけに

8922を指して起きました。

どんな結果になるか分からないので、とりあえず体験しておこうかなって思って(笑)

利益でるといいなぁ。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。