読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロフィール。

友達さんに触発されて。

Cio16g

チヲと発音とすることに本人はこだわる。ヲは喉の奥から出す音で、チヨと発音されるのを嫌がる。16gは黙字で、日本のロックバンド「Syrup16g」が由来。CIOという表記はやむを得ない場合のみ。漢字表記は千緒。石田千緒、葉倉千緒(チヲ)とも名乗るときもある。

◇基本情報

本名 大塚?

生年月日 1988年7月30日辰年生まれの三碧木星

出身地 出生は東京都の大学病院だが茨城県稲敷市育ち

国籍 日本国

言語 日本語、英語、タガログ語

学歴 神田外語大学国語学英米語学科卒

婚姻歴 未婚

恋愛対象 男性(?)

家族構成 母、妹。父親は成人前に亡くなっている

親戚関係 父方の曾祖母には9人の子女がいて、長男がチヲの祖父に当たる。しかし、チヲが5歳のときに死去。他は関東と仙台に散らばっており、今は高齢化で一同に会する機会は少ない。父親には姉が二人おり、父方の祖母の死去以降は実質的に絶縁状態にある。母方の親族とは疎遠。母親の姉とは絶縁状態。実母(母方の祖母)が家から追い出したせいである。追い出した理由は、離婚した母親の弟を家に招き入れたことにある。姉の旦那がマスオ状態で、尚且つ性格に難があったために祖母と折り合いが悪かった。チヲは親戚を頼るどころか毛嫌いしている。

◇学生時代まで

 第一子の流産の後、難産の末に誕生した。流産の原因は諸説あり不明。実父による故意とも。低体重と強い黄疸の未熟児で保育器によって延命。

一時期は保育園にいたが幼稚園に転入。祖父の死去と重なり、卒園式は出られなかった。また、祖父が入院中で容体も思わしくなかったため、小学校進学も危ぶまれた。

 稲敷市(当時は東村)の公立小学校に進学。入学して早々にいじめに遭う。6年の先輩に「西代のラブホテルでマンコ舐めた」と言わされる、殴られるといったもの。また、同学年の間では女性教諭の着替えを見たとデマが流される。家庭でも問題があり、父親の暴力が絶えなかった。

 中学校からは単身、市外の私立中高一貫校に進学する。当時、地元の公立中学校が荒れていたため、母親が中学校受験を強いた。父の姉である義姉に対しての代理戦争だったと、チヲは後に語る。中学校でもいじめがあり、学年の問題に発展した。いじめの主犯格は女子だったが、彼女の氏名と出身地、容貌や思想から帰化人の可能性がある。チヲの通っていた学校は茨城県出身者が少なく、転勤族の子女が多かった。

 高校は一貫校なのでそのまま進学した。高校入学から不登校気味になり、テスト期間以外のほとんどを欠席、早退していた。家では雨戸で閉めきった部屋に籠り、Coccoの「カウントダウン」や「水鏡」や「雲路の果て」を聞きまくっていた。後に、マツコ・デラックスのエピソードを知って驚愕した。結果、成績は中程度の出席日数はギリギリで卒業した。卒業を前にして父親が他界した。

 大学は元々、茨城大学を目指していたが理数科目が極端に苦手だったので私立専願に切り替えた。本命の明治大学中央大学、法政大学の文学部英文科に落ち、センター試験利用入試で神田外語大学に合格する。当時、本人は何を学びたいかが分からず、また社会科学系学部が就職に有利とも知らなかった。神田外語大学を知ったのは、中学校のときに読んでいたNHKの語学番組のテキストに広告から。関東で外国語学部、尚且つ自宅からの通学距離圏内にあるとのことで受験した。日本大学法学部の指定校推薦もあったが、一般受験のために放棄した。

 大学は自宅からの通学。一人暮らしをするほどでもない距離だし、経済的にも精神的にも余裕がなかった。長い抑圧生活の反動か、髪色は銀髪だった時期もあった。髪は大学2年次に黒に戻し、4年前期まで乳首が隠せるほどの長さがあった。

◇宗教問題

 チヲを語る上で宗教は欠かせない要素である。全て母親の都合で入信し、自身から入信したことは一度もない。

天理教時代(生後〜幼稚園卒園)

 独身時から母親が入信し、結婚後もチヲが幼稚園卒園まで入信していた。天理市には、「こどものをぢばがえり」で何度か行った。父親も修養科(入信・洗脳プロセス)に9回は通ったが、教団の資格は得られなかった。母親は教会長として自宅を集会所にできる資格がある。嫁ぎ先にある教会の娘がロサンゼルスで殺害されてから求心力を失い、父方の曾祖母の宗旨に合わせることでフェードアウトした。

 SNSでチヲの友達に天理教信者の女性がいた。知り合ったきっかけは犬夜叉。現在はSNSを退会して音信不通。最後は修養科に行くと日記に残していた。

立正佼成会時代(幼稚園卒園〜小学校4年)

 天理教からフェードアウトして、前触れもなく入信することになった。父方の曾祖母が教団の立教間もないときから入信し、家庭の信仰となっていた。曾祖母の末から二番目の娘は教団の婦人会長でもある。入信当初はミッキーマウスのコスプレをして街中を歩く行事に参加、小学校2年次から鼓笛隊に入団。タンバリン、リコーダーを担当。数回、中野にある教団のホールで演奏をした経験を持つ。曾祖母の死去と母親の創価学会入信に伴って退会。

創価学会時代(小学校4年〜中学校1年)

 同級生の女子の母親が地区会長で折伏(勧誘)の親。遠縁にも学会員がいたせいで、曾祖母並びに大塚家はアンチ創価学会。しかし、母親の入信で父方の曾祖母と祖母と衝突が続いた。中でも父親は宗教が大嫌いで、その原因は創価学会である。「いくら信心してても幸せにならないじゃないか」という母親の問いに、地区会長は「さあ、それは人それぞれだから」との答えに呆れて退会した。また、チヲは地区会長の娘とは同席NGにしている。

ワールドメイト時代(中学校1年〜中学校3年)

 教祖の半田晴久が母親の高校の同級生であったことがきっかけで入信。因みに、母親は在校中に半田と面識はない。また、創価学会久本雅美は母親の短大の後輩に当たる。こちらも面識はない。度重なる宗教行事でプライベートを潰されてチヲは家庭内暴力を始めた。チヲの暴力に耐えかねて退会した。

崇教真光時代(中学校3年〜高校2年)

 教団の名を伏せたマッサージを紹介され、母親が崇教真光の手かざしに騙されて入信。芋づる式でチヲと妹も入信した。日本版ウリナラマンセー思想と未成年囲い混みによるカルト教育に嫌悪感を覚えて脱会を決意。決意をより強固にしたものに、鋼の錬金術師あるある探検隊があった。テレビでそれらを目にしたとき、教団に対して初めの嫌悪が生まれた。同時期に父親精神疾患に罹り、病気に漬け込まれて父親も入信させられた。チヲが父親と母親を殴り付け、退会の引き留めに来た信者を怒鳴り付けて無理矢理に一家で退会した。父親は退会して1年以上してから事故死した。母親は今でも父親の死は崇教真光を辞めたせいだと思い込んでいる。

霊友会時代(高校2年〜27歳まで)

 父親の死の前に戸別訪問勧誘で来た信者がきっかけで入信。立正佼成会の原点であるために教団との親和性が高く、惰性で長期に渡って入信していた。

 しかし、ある日突然、母親が崇教真光に再入信したことから騒動は始まる。チヲは崇教真光の施設に乗り込んで、母親の奪回を試みた。施設長や幹部候補、中堅信者を相手に怒鳴り散らし、狭義の矛盾点や教団のスキャンダルなどを新参信者に吹聴するなど乗り込みを行った。結果、母親は自律的思考や金銭管理が杜撰になって家庭に悪影響を及ぼすようになったので、家庭の御神体と信者との関係を破壊して強制的に退会させた。

 チヲ自身の霊友会退会はSNSがきっかけ。教団の本部職員の息子と名乗る警察官が執拗に嫌がらせをしてきたから。信仰心がなくなって、会費の未納によって退会した。霊友会を最後に、チヲはどの宗教法人にも属していない。

◇好きなもの

・猫と犬

 猫なら雑種、アメショ、ラグドールが好き。顎の下、鼻、後頭部、への字口、角度によって見える上がった口角にたまらなく興奮する。

 犬はコーギー。大きな耳、耳と耳との間、笑顔、短くて太い足に興奮する。

・女性シンガー

 鬼束ちひろCocco天野月子、より子、中島美嘉の路線が好き。男性シンガーは好きでない。ただし、男性ボーカルのバンドは好き。

・マスク

 医療用のマスクと有名人のラバーマスク以外のマスク、仮面、覆面にフェティシズムを感じるくらい好き。アニメや創作物で仮面を被ったキャラは間違いなく好きになる。プロレスのマスク、舞踏会用の仮面、SMの全頭マスクもいくつか所有している。ただし、プロレスの知識は皆無である。飽くまでマスクの存在が好き。マスクは被るのも好きだし、被っている人を見るのも好き。冬場はマフラー感覚でミル・マスカラスのマスクを被って外出しようとし、夏場のガーデニングには帽子代わりにストロング・マシンのマスクを被って作業をしたほど。

・男性キャラ

 姫川明の「ゼルダの伝説」のリンクで目覚め、犬夜叉が初恋というチヲ。少女キャラに全くの興味関心がなく、少女マンガは男性キャラを基準に購入するほど。書店ではBLコーナーにいるところを目撃される。以下はチヲが好きになったキャラである。

リンク(姫川明ゼルダの伝説)

犬夜叉(犬夜叉)

殺生丸(犬夜叉)

蛇骨(犬夜叉)

猪八戒(最遊記)

玄奘三蔵(最遊記)

フォン・ビーレフェルト・ヴォルフラム(今日からマ王)

セバスチャン・ミカエリス(黒執事)

グレル・サトクリフ(黒執事)

渚カヲル(ヱヴァンゲリヲン)

一方通行(とある魔術の禁書目録)

アレン・ウォーカー(D grayman)

ラビ(D grayman)

神田ユウ(D grayman)

雲雀恭弥(リボーン)

六道骸(リボーン)

シン・アスカ(ガンダムSEED Destiny)

エレン・イェーガー(進撃の巨人)

キルア・ゾルティック(ハンターハンター)

クロロ・ルシルフル(ハンターハンター)

ヒソカ(ハンターハンター)

蔵馬(幽遊白書)

KAITO(ボーカロイド)

鏡音レン(ボーカロイド)

以上、書きかけの項目があります。

広告を非表示にする