読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月賞大予想

先週の桜花賞は着順は入れ替わったとはいえ阪神JFの1、2、3着がそのまま1、2、3着に入線し、基本的には阪神JF>それ以外の組だったことが明らかになったところ。

逆に今週は大混戦で、果たしてどの馬が一番強いのか誰にも分からないほどの状況。いろんな考え方はあるが、冷静にトライアルレースを見直した結果、割と素直に考えた方が良いのかな、と思いつつ。

◎カデナは前走の弥生賞を一番人気に応えての完勝。人気が今一つ上がってこないのは、やはり出走したレースが悉くスローの上り勝負で持ち時計が無いためだが、デビュー以来5戦連続すべて上り最速で連対率100%はやはり一枚モノが違う印象。前走は超スローペースのなか、勝ちに行くのではなく慌てず折り合いに専念し、直線では大外を回っての完勝。負けても良いと思いながら勝ったという内容で、冷静に考えたらこれは強いとみる。

○スワーヴリチャードは暮れの東京スポーツ杯以来の前走共同通信杯が完勝。少し外に持ち出すのに苦労したものの、直線前が開いた瞬間ビュッと抜け出した脚は前走のメンバーでは一枚上。目標はダービーなのは承知の上だが、当然ここでも勝ち負けできると見る。

アルアインは前走の毎日杯の勝ち時計が優秀。正直に言えば前走は二着のサトノアーサーの方が強いとは思うが、この馬は立ち回りが上手く一走ごとに成長が感じられる。ローテーション的にもここは走り頃。優勝候補だ。

△ウインブライトは前走のスプリングSが外から一気に差し切っての勝利。二、三着馬と比べても走破内容は一枚上手の能力を感じる競馬で、使われて徐々に良さを出してきた。スプリングSの優勝馬の割に人気が無く、狙ってみたい一頭。

注ファンディーナは牝馬ながら破竹の3連勝。それも緒戦、二戦目は牡馬相手の圧勝で、前走フラワーCは相手関係が弱かったとはいえほとんど持ったままの完勝。まだ全く底が見えておらず、2戦目の上り33.0は圧巻。正直人気しすぎている気はするが、それでも馬券候補からは外しづらい。

×レイデオロ

×ペルシアンナイト

×サトノアレス

印は届いていないけど、馬券はアウトライアーズも入れて9頭で。

大混戦は大混戦なのですが、蓋を開けたら有力トライアルの優勝馬同士で決着しました、という当たり前の結果になりそうな予感がする今日この頃。裏の裏は表、という決着を期待。

広告を非表示にする