読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い込み

 相方とカラオケで明日(今日)のネタ練をしていた時、お腹が暴れ出したのでトイレに戦場を移した。

 孤独な戦いを終え、戦いの余韻をシャワーで洗い流した後、何故かシャワーを止めるには『もう一度同じボタンを押す』のだと思ってしまった僕は迷わず洗浄ボタンを押す。

 当然止まるワケがない。だって停止ボタンじゃないのだから。

 でも僕は機械が壊れてしまい出っ放しになったと思いパニックに!

 そして相方に連絡してお店の人に伝えてもらおうとスマホを取り出した時に『停止ボタン』の存在を認識した。

 めでたしめでたし

広告を非表示にする