読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命の花が 咲いている・・・

輝く命の炎の花のような方が ・・・ー 還った・・・

トータルに生きることは・・・ トータルに死ぬことー

瞬間の中で咲き瞬間に消え散り。

穏やかな柔らかな風の中でも 優しい春の日溜まりの中でも すがすがしく大地を洗う昇華の雨の中でも

吹きすさぶ風の嵐の中でも 激しくうちつける雨のなかでも 焦がすような日差しの中でも

ひとつひとつの色は艶やかに輝き

思い思いに自由に踊り花咲かせ

存在の喜びと静けさの香りを残して。

すべてのありのままをー 祝福された愛に存在の海の香りを この大地に残して この胸に渡して。

生と死と

そんな境さえ消えてしまうところから生まれる 果実が宝物のように 美しく・・・

生が消え去るほどに 全体生の中でトータルに生きた 魂は 花となり・・・

たくさんの人々の中の花と響きあい・・・

あるがままの自由の美しさを 咲かせる花を引き出してくれたー

それは 存在の海に繋がった魂が この世界に 残してくれた宝物

この宝物からー ・・・ 次はどんな花が また咲き連なってゆくのだろう。。。

トータルに生きる切ることは トータルに死に切ることと重なり・・・

生と死の境が溶けて消えてしまうほどに濃くて 濃くて・・・

深い静けさから

色鮮やかな生き生きとした 魂の生が がビックバンのようにー この世界の始まりの神話のように 生まれてくる

ひとつの 宇宙が 生まれてくる。

この瞬間に、、、始まりと同時に終わる 連なる 『いま』と言う『ここ』へ

深く深く 全身で参加しているときに 人はー 。。。 まさしく 宇宙 に 花 に なってゆく

それは ほんとうに 美しい。。。

『生も死も重なるくらいにー

・・・トータルに 生きなさい・・・』

そう 深くより 強く ささやく声と共に声とともに、、、、

わたしも また 花となろうー

トータリタィの中へ 瞬間のなかへ 生きて生きて どこまでも 生きてー 死するために

存在の宝物のー このリレーを 繋げよう・・・

そしてー あなたと あなたが伝えてる もっとも源泉を分かち合う 大海原の愛と共にー いようー。。。

この宝物を分かち合う 魂たちと共に

宝物の リレーを・・・ 繋げてくれた あなたに あなたとともにある もっとも奥に横たわる あの愛に 愛の海にー

そのすべてにー ありがとう

あなたに あなたが 愛して あなたをー 愛し導く 大海の 大きな愛にー・・・

ありがとう

深く 溶け合う あるがままの美しさに 今を咲く 存在からの 花たちよ。。。

ありがとう