読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月の予定

3月のスケジュール

11日、山下公園

12日、江ノ島 湘南江ノ島春祭り 11時〜 14時〜

18日、神戸異人館 北野広場

19日、海遊館

20日、山下公園

26日、山下公園

30.31日、江ノ島サムエルコッキング園前広場

以上です。

今月は久しぶりに海遊館(~_~;)

最期にやったのは昨年のいつ頃だったろう…

かなり沢山の人が集まったのに、

ショーが終わった途端、9割くらいのお客さんに大移動されたトラウマがある。

残ってくれた人も惨状を見てか、その場から動こうとしない、ドン引きな空気だった。

そんなのメリーポピンズに出てくる大道芸人しか見た事ないけど僕には時々 現実に起こってしまう。

ほぼ外国人観光客だと思われるが

ショーの途中で 「これはマズイな…」 と気づいていたけど なんかもう「諦め」があって

いつもショーの途中で挟む投げ銭の口上を言わずに最後まで無言でやり通した。

実は全く喋らない方がショー自体はいい雰囲気になる。

その方がいいと分かってはいるし

そうしたいのだけど

日本人相手でジェスチャーで寄せようとしても喋らない限り近くに寄ってくれないお客さんは必ず数人いて客席が隙間だらけになる上に、集客に対し悲しいくらい投げ銭が入らない。

まだ大道芸をやり始めた頃 大阪城で最初から最期まで一言も喋らず 投げ銭の要求も全てジェスチャーでやった事があるが、

その時のショーはめちゃくちゃいい雰囲気で、ものすごい人が集まったにも関わらず、最期に残ってくれたのは2人だけだった。

そんな経験からショーの最期には喋る事にした。

それを7年くらいは続けたと思う。

少し稼げるようになったけど

やはり集客や盛り上がりに対して変わらずの悲しい入り具合だった。

終わった途端を見計らって帰る人も多いので、ショーの途中で喋る事にした。

それだけで かなり収入はアップしたと思い

これまでの7年間はなんだったんだ!

と感じて 暫くは安心していたが、それも束の間、

ショーの途中に喋っている時に帰って行くお客さんがだんだん増えてきた。

言葉の通じない相手には無意味な上、多分、ショーは終わったと思われているのだろう。

だから以前の海遊館では、容易に「諦め」がつき とりあえず最期までやり通そう、と。

冒頭に述べた惨状だけが残った。

なんとか稼げるように改善はしてきたつもりだけど、

次から次へと悩みはつきない。

その日は1回だけショーをしてその後は雨予報が出ていたので交通費どころか、にもならず終了。

ボロボロな気持ちのまま帰りの新幹線でたまたま見たyoutube

クイーンの「Somebody to Love 」

しかも日本語字幕付き。

この曲はもともと好きな曲だったけど、さほど歌詞の内容に関しては興味無かったが、

訳された中身は孤独な報われない男を歌ったものと解釈してしまい

その時の自分を勝手にオーバーラップして泣きそうになったのを覚えている。

クイーンの曲を最初に耳にしたのが確か中学生くらい、

キリンの缶コーヒーのCMだったと思う。

車のオイルのCMでも流れてた。

綺麗なメロディー、コーラス、

圧倒的な歌唱力、

当時はパソコンや携帯みたいに調べる事が容易に出来なかったので、

どんなバンドなのか 色々想像していたが、

初めてテレビで画像を見た時、

ショックを受けた

こんな ひげマッチョだなんて…

それから二十数年、

自分がそっくりになってるなんて

誰が予想できたであろうか

ちなみに新幹線でみたのは

m.youtube.com/watch?v=8wXuJz-z79Y

泣きそうにもなったけど、

以前から作りたいと思ってたショーのテーマにピッタリだったので

いつかこの曲を使ったショーを作ってやる!

心に誓った そんな去年の出来事。

広告を非表示にする