読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再配達の問題

クロネコヤマトの労組が。

扱う貨物量に上限を設けてくれ、という申し入れをした、ということで話題ですね。

世間様の反応が非常に大げさだな、と思っていて、労組の申し入れ程度のことがいちいち実現していたら、今ごろ私は今の1.5倍くらいの給料をもらっていて、年間200日くらい休みですよ。大苦笑。

で、そこでまた言われているのが、不在再配達の問題です。私も昼間ずっといないのでいささか心苦しいのですが、問題のクロネコについては、マンションの管理人さんとなんらかの連絡があるようで、「不在時管理人様へ」と書いていないものでも大半は預けてくれます。また、クロネコの担当者にも再々そのように申し入れをしているので、まったくのムダ足を踏ませることはあまりないかと思っています。

いささか問題なのは佐川と日本郵便ですね。佐川は担当者がしょっちゅう代わるので、ウチの荷物は預けてもよい、というのがなかなか理解されません。さらにココはその、いささか頼んだことが伝わりにくい傾向がありますので、何度も何度も噛んで含めるように言わないとなりません。

日本郵便に至っては、同時に持ってきたゆうパック2個のうち、片方を預けて片方を持ち帰る、という謎の行動があったりで、おそらくこの人たちには言葉が通じないらしいので、もうお手上げです。最近はカイシャにビル内郵便局に転送してもらって受け取ったりもしています。

それでまたぞろ再配達は有料に、ということを言う人がいるようですが、残念ながら無理なのではないでしょうか。

だって、有料にするためには、前提となる最初の配達が指定日時の通りである必要があるからです。例えば12:00から14:00指定の荷物が交通事情で14:05になってしまった場合、ギリギリ14:00までじっと待っていたのに出かけなければならなかった、という人に再配達料金を請求できるとは思いませんし、請求された人が払うとも思いません。

ウチのマンションのように29戸しかなくて、さらに各戸にロッカー(事務所で使うようなものですが)がある場合はまだよいのですが、何百軒も入っているところでは宅配ボックスなんてたちまちパンクするでしょうしね。

じゃあコンビニ受取りは、ということですが、今でもすでに場所によってはコンビニのバックヤードが荷物であふれていますよね。

駅で受取り。スマホを鍵にできるハイテクコインロッカーのある駅ならなんとかなりそうな感じはしますが、新たに設置しなければならないというとそんな場所はもうないですよね。それにこれだって個数は有限なので、ココへ、と頼んだのに空きがなくてそうできなかった人はやっぱり怒り出しますよね。

そんなわけで、残るはクロネコの営業所に取りにきてくれたらクロネコポイントを倍付けします、くらいですか。でも、これもウチにきた荷物って、ウチから徒歩10分の拠点ではなくて、徒歩と電車で小一時間のところまで持ち帰られてしまうので、現実的じゃないんですよねえ。

何かよい知恵はないかな。ヤマトと佐川と日本郵便が相互の拠点を融通しあうことができれば、さらにどのコンビニはどれかの荷物しか扱わない、という垣根を取ることができれば、かなり改善するんじゃないかと思うんだけど、やっぱりダメなのかな。

広告を非表示にする