読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスヤの森現代美術館

エゴン・シーレの絵を人形にしている作家:宮崎郁子さんの作品を観るために一路、衣笠まで行く。衣笠?横須賀の方?と漠然と行きましたら久里浜の1駅前。横須賀で軍艦を車窓から見て興奮したよ!

そして衣笠駅へ。そこから歩いて15分位の場所にカスヤの森現代美術館がある。道は何となく分かったが、知らない土地を歩くのは距離以上の疲労がある。辿り着いたカスヤの森現代美術館は想像していたよりもちんまりしていた。

中に入ると直ぐ隣の空間にエゴン・シーレが佇んでいて、一瞬誰かいるの?と思う。細身でイケメンなシーレ。良いではないか。もう1体、『アデーレ』と題した作品が素敵だった。映画でヴァリがとっていたポーズだ。

館内は宮崎郁子さんの作品以外にも展示されていたが、どうにも僕には現代アートは分かりにくい。

館内の人に色々と話しかけられ、ちょっと困ってしまった。

初めて宮崎郁子さんの作品を観て嬉しくなったよ。帰りにポストカードブックなるものを購入してしまった。もっと規模の大きな展覧会をやってくれたらなぁ。